的場文男ジョッキーを嫌いな競馬ファンはいない

大井競馬出席の的場ジョッキーは59年代として健在のジョッキーだ。
累算6888勝(内中4勝)は状況4位の抑圧数だ。
大井の帝王と呼ばれ競馬気違いから親しまれています。
数々のビックレースを手にしてきた的場ジョッキーですが、都内ダービーだけは勝つことができません。
2016カテゴリーまで35回出走して2着9回という成績だ。
的場ジョッキーはもしも都内ダービーを勝っていればとっくにジョッキーは辞めていたかもしれないと対談しています。
自分の身の回りに的場ジョッキーの大気違いの男性がいます。
以前の都内ダービーのお日様、的場ジョッキーは2番人気の馬に騎乗、2着で試合を終えました。
止め試合のパドックで的場ジョッキーに野次をとばす中年がいたそうです。
載りほうがヘタですとか、とっくに終わりちまえなど、ねちっこいほどだったそうです。
的場ジョッキーが本馬場へ消えてしまってから、中年は「そんなんだからダービー敗れるんだよ」という寂しみたいにつぶやいたそうです。
中年は的場ジョッキーが大好きです。ですから亭主にダービーを勝ってほしかった。
ですから、不甲斐ない騎乗を見て野次をとばしたのです。
身の回りはその中年が愛おしくもらい「こんな中年になりたい」と思ったそうです。
毎年、的場ジョッキーがタービーを勝つことを信じて応援して掛かる気違いがたくさんいます。
競馬気違いで的場ジョッキーを嫌いな者はいません。
本人はダービーを勝たないと辞められないとも仰っているようです。
長く続けてほしいって思えば勝たない奴いいかもしれませんが、やはりダービーを勝つ的場ジョッキーが見たいですね。
川崎の鉄人仕方佐々木竹見氏で60年代まで騎乗しました。
的場ジョッキーにも長時間は残っていません。
翌年こそ、都内ダービーで勝つ的場ジョッキーを見たい、そうして応援していきたいとしています。lineqrコード掲示板でピンクな女性をゲット