土をこねて決めることがまた楽しくなってきた

陶芸講習に通い始めて3年になるかな。最近は中でも作りたい物品もなく、講習の前日にネットで「陶芸」といった検索して出てきた物品から、いいなという物を作ったりしていた。ちょいマンネリ化してきてて、辞めようかなとおもうこともあった。
ただし前月、電動ロクロに初挑戦してからは、興味深い意欲が復興してきた。
電動ロクロ、先生曰く「2つの人間に分ける」分けるようだ。こわごわのほほんと回転させる自身という停滞を恐れず面白く高速回転させる自身。どうもボクは次のようです。
最初に先生に手ほどきをしてもらった後は自分の感覚でビュンビュン回して4つほど作った。はじめてなので高いを作るのは難しいので、ぐい?みになりそうな物を3つと減量行動になりそうな茶碗を一つ。
あした、少し乾燥して粘土がごつくなった状態で今度は薄く押さえつける手続。これも電動ロクロを使うのだが、私的にはきのうまでの出来栄え(厚み)で十分なんだけど、先生の力作を見せてもらうという暑さ2〜3mm。先生もしょっちゅう2進行に分けてやると聞くと私も引き上げるしかない!ここで失敗すると前日の追及が水の泡・・・。さすがに2太陽眼は慎重になった。
ただし、やって良かった。無い部位って厚い部位があり均等ではないけれど、きのうよりもはっきり形良くなった。後日、素焼きされた器物に巡り合うのがやりがいです。SEXしたいならこのサイト